しわや小顔に効果のあるボトックス|手軽に受けられる整形施術

女の人

わきがの悩みを解決する

婦人

美容整形を利用する

軽い症状の人も含めると、日本人の10人に1人がわきが症状を抱えていると言われています。欧米人の場合は2人に1人がわきがの症状を有していると言われていますので、それに比べれば患者数はかなり少ないです。しかし、患者数が少ないからこそ、重い症状を抱えている場合はそれが大きなコンプレックスになってしまいます。実際に、わきがの症状を気にするあまり心を病んでしまう人がたくさんいます。そういった事情があるため、わきが治療では単に気になる臭いの発生を抑えるのではなく、患者の満足度が高い方法で治療することがとても重要になってきます。そのような要請に応えることができるのが、美容整形の治療です。わきが治療は、昔から一般皮膚科や形成外科で行われてきました。一般皮膚科や形成外科では、わきがを皮膚疾患の一種として取り扱っています。そのため、治療に保険が利くというメリットがあります。しかし、機能面の治療が最優先され、審美面や精神面のケアは軽視される傾向があります。多くのわきが患者は、自分がわきがであることをとても恥ずかしいことだと思い込んでいます。そのため、たとえ手術で臭いの発生を抑えられるようになったとしても、わきがであったことを示す手術痕がわきの下に残っていると、それが新たなコンプレックスになってしまいます。患者の心と体を同時にケアすることができないと、本当の意味での良い治療にはなりません。しかし、それを実現することができるのが美容整形の治療です。保険が利かないというデメリットはあるものの、保険の制限を受けない念入りな治療を行うことができるため、新たなコンプレックスの発生を回避することができます。自分がわきがで悩んでいたことを忘れさせてくれるくらいキレイに仕上げてもらうことができるため、美容整形でわきが治療を受ける人が増加しています。

人気の治療方法

わきがの不快な臭いは、皮膚の常在菌とわきの下の汗腺から分泌される汗が結びつくことによって発生します。汗の大部分は水分ですが、細菌の栄養となる成分もたくさん含まれています。わきの下は風通しが悪いため蒸れて高温になりやすく、細菌が繁殖するにはうってつけの環境になっています。おまけに、汗という餌が供給されるわけですから、細菌がドンドン繁殖します。細菌が繁殖する際にはとても嫌な臭いを出すのですが、これがわきがの臭いの正体です。つまり、わきがの臭いを発生させなくするためには、細菌を絶滅させるか汗の分泌を抑えるかの、どちらかを行う必要があります。現実的なことを考えると、細菌は空気中に無数に存在していますので、細菌を絶滅させることは不可能です。そのため、汗の分泌を抑えることがわきが治療の主目的になっています。昔はメスやハサミ状の器具を用いてわきの下の汗腺を剪除する方法が主流になっていました。しかし、最近ではわきの下にボトックス注射を打つ方法がよく利用されるようになりました。ボトックス注射には筋肉の収縮を抑制する作用があるため、わきの下にボトックス注射を打つとわきの下の汗腺から汗が分泌されなくなります。ボトックス注射による発汗抑制効果の持続期間は概ね半年から1年程度ですが、その間は嫌な臭いが発生しなくなります。効果に永続性はないものの、わきの下にボトックス注射を打つだけという手軽な方法でわきがの症状を改善することができるため、多くの人が利用しています。注射を打つだけですから、わきの下に傷跡が残るようなことはもちろんありません。また、傷の回復を待つ必要がないため、仕事を休む必要も生じません。ちなみに、効果が切れる頃に追加でボトックス注射を打つようにすれば、発汗抑制効果を長続きさせることができます。